9月16日(金曜日)術後2日目

0

    JUGEMテーマ:手術

     

    病室に戻った。

     

    お昼から早くも食事がスタート。

     

    胃腸に関係ない手術とはいえ、食欲はゼロに近い。

     

     

     

    トロトロのペースト食。

    おもしろい(^^)

     

    おでん!?

    確かにおでんのいろんな具が全部混ざった味。

    まさしくおでんだw
    うす味家庭で育ったので、全て味が濃く感じる。

     

    黒ごま水ようかんが美味しい!

     

    でもやっぱりほとんど入らない…
    食べたいのに食べられないー


    9月15日(木曜日)術後1日目

    0

      JUGEMテーマ:手術

       

      HCUで過ごす。
      自分の体がどういう状態なのかよくわからない。
      とにかく、あちこちから管が出ていることだけは分かっている。

       

      酸素マスク、鼻から胃につながっているチューブ、痛み止めと抗生剤の点滴、栄養と水分補給の点滴、腹部左脇部ドレーン、腹部中央部ドレーン、麻薬を注入し続けている背中のカテーテル、尿道カテーテル…
      他に、血中酸素濃度測る機械や、心電図を見る機械……

       

      あとなんだっけ?

       

       

      体が動かない。

       

      声が出ない。


      9月14日(水曜日)手術当日

      0

        JUGEMテーマ:手術

         

        予定通り朝8:15ピッタリにオペ室の前に到着。
        同時に始まる患者さんは10人くらいいたかな?
        ずらっと並んだオペ室の銀色のドアが圧巻!
        割り当てられた部屋に入る 。
        着々と進む麻酔科スタッフの作業中、
        私は「おー、バチスタの世界!」とオペ室内部に興味津々。
        準備が整ったところで、背中に硬膜外麻酔。ねこのように丸くなる。
        そして、全身麻酔。
        酸素マスクで鼻と口を覆いゆっくり呼吸する。
        ここでもう記憶はなし。

         

        こんなにもストンと落ちるものなのか。
        夢も見ていなかったなぁ。

         

         

        手術前の執刀医師の説明によると、膵臓は胃の後ろにあり、機能的にも構造的にもお腹の中枢部でとても複雑な場所にあるということ。
        また、術後膵液漏などの合併症の危険が大きく、手術の難易度が高い臓器なのだそうだ。

         

        担当の執刀医師は、○○大で一番の腹腔鏡手術のスペシャリストだから大丈夫!と聞いていたので、もともと病気という意識のない私は、「頑張るのは先生だし、何も心配していません^^」と楽観的。

         

        たいていの人は、手術を前にナーバスになり、精神的にもストレスを感じてしまうらしいのだが、
        「それくらいなら大丈夫だな!」とおほめ(?)の言葉をいただいた。

         

        本当に不安感などなく、非常識かもしれないが、幼い頃台風の前にちょっとワクワクしたような、そんな感覚でいたのだ。

         

         

         

        名前を呼ばれて麻酔から目覚めた最初の印象は、
        「???」

         

        と思う間もなく、ありえない程の全身の震え。
        自分の意思と関係なく、全身に極度の力が入り、勝手に体がガクガク動く。
        止められない… 止まらない……

         

        そんな状態なのに「他から見たら、気がふれて暴れてるみたいになってるんじゃないか」と冷静にこの状態を頭で把握している自分に驚く。
        「すごく体温が下がってるから震えが出てるんだよー」
        「寒い?寒い?」「聞こえますかー?」
        などの声。

         

        「全然寒くないよー!とりあえずこの震えを止めてー!」「全身の筋肉がちぎれそうだー」(心の声)

         

        体に上にどんどん熱いまくらみたいなものが乗せられ、あっという間に全身を覆い尽くす。
        重い…

         

        ここでも、「どんな絵なんだ?私まくらミノムシ?」と客観視。

         

        体の全ての力を使っての震え、これがこのまま続いたら気を失うか筋肉疲労で死ぬんじゃないかと思った。
        「深呼吸、深呼吸」と自分に言い聞かせながらしばらくすると震えが落ち着き、どうやら体温も上がってきたようだった。

         

         

        後で聞いた話だが、麻酔から醒めて気がついた時点で家族が呼ばれたらしく、ガクガク震えながら「筋肉痛…辛い…」と言っていたそうだ。

         

        オペ室から出てきたのは午後4時過ぎ。(これも翌日知らされる)
        オペ室に入ってから出るまで8時間⁉︎
        あちこちから繋がれた管や動けない体に、ここでようやく「私って病気なんだ」と実感することになった。


        9月13日(火曜日)手術前日

        0

          JUGEMテーマ:手術

           

          明日の手術に向けて、体の準備が始まった。

           

          ◎手術前日の食事(注腸食)

           

          【朝食】いきなりさびしい〜

           


          ・これでもかってほど柔らかい溶けそうなお魚とお豆腐の煮物
           お豆腐の方がはるかに歯ごたえがある。
           味はけっこう美味しい♡

           

          ・全粥
           白いご飯が好きではないので、普段はあまり食べないが、さすがにお腹が空きそうなメニューなので完食!
           お粥食べたのっていつ以来だろう?

           

          ・リンゴ(デザート)
           大好きなリンゴもやっぱり煮てある。
           うーー、シャキシャキが食べたい!

           

           

          【昼食】これは食事?全てサラサラの液体

           

           

          ・鰹だしのスープ
           具は一切ないけれど、意外に美味しいぞ。

           

          ・重湯
           粒感ゼロの糊みたいな飲み物。無味…
           いっそスープに混ぜて一つにしてほしかった。

           

          ・リンゴジュース
           これが一番お腹にたまる。

           

           

          【夕食】欠食

           

           

          動いていないので食べなくても平気だけれど、コーヒーが飲めないのが何よりツライ(T_T)

           

           

           

          日中、入れ替わり立ち替わり医師や看護師さんが来て、

          体調は?痛いところは?オペ前で不安は? などと聞かれるけれど、

           

          ごめんなさい…ほんと元気なんですー

          不安も全くないです。

           

          少しは心配した方が良いのだろうか?
          頑張るのは先生なので、応援しています!

           

          今回の手術入院のために私がした事といえば、髪をストレートにして短く切ったことぐらい。
          一応の心構え( ^ω^ )

           

          夕方、いよいよ点滴も始まり、明日早朝には手術。
          次のメモは動けるようになってからかな?


          あくまでも個人的な記録的日記

          0

            JUGEMテーマ:手術

             

            雑貨店を開店して2年8ヶ月。
            初めてちょっと長い休みを取ることになった。
            というのも、 別件で受けたCTでたまたま膵臓に腫瘍が見つかり、今回人生初の外科手術を受けることになったのだ。
            自分にとってなかなか無い貴重な体験となりそうなので、記録も兼ねてブログを書いてみることにした。
            と言っても、入院中 iPhone で Evernote にメモっていたものを、退院後にアップということになってしまうけれど。

             

             

            ✳︎雑貨店『ベル ジゼル』店長の入院日記✳︎

             

            これまで数ヶ月の間、あらゆる検査を重ねてきた結果、腫瘍は良性のものであろうということで、現時点では問題なし。

            (そうだよね、すっごい元気だし)
            ただし、場所が膵臓という難しいところにあり、将来的に悪性に変化することもゼロではないということで取っちゃえ!と。

             

            ただ、病気という感覚ではないので、入院した今でもまだまだ他人事みたいな私w

             

             

            ◎9月12日(月曜日)入院初日
            予定より一日早く入院することになってしまった。
            入院の手続きを済ませた後は、朝から検査の連続。
            そして、次から次へと持ち込まれる書類の数々。(大学病院ならではの内容が多い)
            いったいどれだけの同意書にサインしたことか…

             

            前日、守谷の『さくら坂メルカート』に出店していて多少の疲れもあり、執刀医による手術内容の説明の時は睡魔との闘い。
            私は事前に聞いていたのでまぁいいか。
            家族が納得すればそれで良し。

             

             

            やっと落ち着いたのが午後5時過ぎ。
            明日からしばらく甘いものも取れないので、こんなもの買ってみた (*^^*)

             

             

            メイプルフラペチーノ シュースティック付き
            あまーーい!
            コーヒーはタリーズの方が好き♡

             

            スタバとタリーズの両方があるのはありがたい。
            でも、コーヒーはしばらくおあずけかな…


            さくら坂メルカート

            0

               

              ベル ジゼルは、今年の春から新しい試みとして、外部のイベント等にも出店しています。
              そういえば、一度もそのことについてブログに書いたことがありませんでした。
              今さらですが、長期休業前に出店した、守谷市の『さくら坂メルカート』です。

               

               

              【9月11日 さくら坂メルカート】
              天気予報はずっと雨。
              朝のニュースでもやっぱり雨。
              でもね、きっと降らないよ!
              晴れ女はいつも楽観的です。

               

               

               

              いつもこんな感じで小物を中心に展示しています。

               

               

              今回はうさぎデー!
              木彫りの素朴なモノクロうさぎが好評でした。

               

               

              ふと後ろを振り向くと、積み重ねられたワインの空き瓶に混じって、ピンクのコスモスが一輪。
              こんなに暑いのに、季節は動いています。

               

               

               

              今回で3回目の出店となる『さくら坂メルカート』
              そろそろ慣れてもいい頃なのに、搬入搬出はやっぱり大変です。
              雑貨店は荷物が多い…


              私の予想通り、雨はどこかへ消え、青空ものぞいています。
              ただ、暑さが想定外…

              セミが大合唱の中、まだまだ真夏のようです。
              それでも、午後になると時々ふわっと秋の風が。
              ほんの一瞬ですけどね(^^)


              次回(10月9日)も出店予定です。
              10月は屋外イベントには最適な季節。
              さすがに暑さも落ち着くかしら?


              雨が恐い。けれど、ワークショップは楽しい!

              0

                JUGEMテーマ:インテリア雑貨

                 

                このところ、豪雨や台風に翻弄され、通常の業務が思うように進まない日々。

                いつも天気予報にビクついています。

                 

                先週の台風では、
                【before】災害対策&準備(カッパを着て作業してもびしょびしょ…そして店内はぐちゃぐちゃ)
                 ↓↓↓

                大雨!暴風!台風来たーー!

                 ↓↓↓

                【after】片付け&清掃(汗だくぐっしょり…)

                 

                とても人と会えるような様相ではない私。そんな時に当たってしまったお客さまには大変失礼をいたしました。

                普段はもうちょっとちゃんとしてるんですけどね。

                「がんばって下さい」の一言をいただき、すぐに元気になりました。

                 

                 

                そんな日々の中、隙間をぬうように開催していたワークショップ。
                ちょっとずつこれまで参加された方の作品などを紹介していきます。

                 

                ▼初の男性参加者の回

                当店オープンからいろいろなワークショップを開催してきましたが、男性の参加者は初めてのこと。

                テラリウム作りは、インテリア好き男子には特におすすめです!

                 

                 

                かわいい女子も一緒です。

                始まる前からワクワク♪

                 

                 

                丁寧に作っていた砂の層。

                すごくきれい!

                 

                制作中の二人の会話が微笑ましくて、見ているこちらも思わず笑顔に(´∀`)

                そして、そんな二人のイメージにピッタリの作品が出来上がりました。

                 

                 

                白い貝殻をメインに女子っぽいかわいい世界♡

                貝殻のとげとげに掛けた小さな鍵がポイントです。

                 

                 

                こちらは、楽しみにしていた初男子作品。

                アロマワックスをひたすら削って砂に混ぜる、という新技を披露!

                乳白色のワックスがいい味を出していました。

                 

                 

                コルクやビンのフタなどで、浜辺に流れ着いたものを表現。

                細かい演出がこだわりを感じます。

                 

                 

                 

                ↓ここからは私の自己満足お遊び写真。

                ふんわりイメージ重視で撮影。

                 

                 

                こちらはわざとアンダーに、ヴィンテージのラムネビンと一緒に渋めに撮ってみました。

                この時間が楽しい!

                 

                 

                都内で開催されているテラリウムワークショップでは、男性の参加者をたくさん見かけます。

                どちらかというと男性の方がむいているのではないか、と思うくらいなので、当店でももっと積極的に参加してほしいです。

                メンズインテリア雑誌などでよく取り上げられているので、興味のある方はぜひ恥ずかしがらずにご連絡ください。

                私、見た目は女性ですが、中身はそうとう男性よりなのでご安心を!

                 

                 

                さぁ、これからまたすごい台風が関東にやってくるそうです。

                昨日もずっと防災対策方法をググっていました。

                今度の10号は迷走しつつ勢力を拡大しているようなので、先週使った簡易土囊ではもう無理かもー
                ブルーシートと本格土囊のWで対策をしないといけないなぁ。

                どうか川が氾濫しませんようにー!


                最近、なんだか力仕事ばかりしているような……

                ますます二の腕が太くなりそうです(-ω- )

                 

                ベル ジゼル 店長you-coでした。


                ★Belle Gisèle(ベル ジゼル)

                Open 11:00-19:00(日曜日-18:00)
                Closed 火曜日
                Address 〒300-0066 茨城県土浦市虫掛3719-2
                NON service

                Tel/Fax

                Mail

                029-835-6515

                bellegisele.you@gmail.com

                 

                 

                 


                今年もまたまたテラリウム作り

                0

                  JUGEMテーマ:インテリア雑貨

                   

                  今週は火曜日の定休日と合わせて2連休をいただきました。

                  この仕事を始めてからなかなか連休が取れないので、ちょっとだけ夏休み気分を楽しみにしていたのに、天気わるっ!

                  ただただ、大好きな『BONES』を見て終わってしまいました。

                   

                  おまけに、休み明け出勤してみると、お店の前のテラコッタエリアが泥だらけ。

                  大きな鉢植えが動かされ、いろいろ引きずったあと、そしてたくさんのワークブーツらしい足跡が残されていました。

                  台風一過の猛烈な暑さの中、しばらく途方に暮れてしまいました。

                  私の推理によると、

                  店休で閉まっていた当店の前に、台風に備えて近くの工事現場の何かを置いていったのではないかと。

                  その泥と深夜の大雨で店内にも泥水が入り込み、とてもすぐには開店できる状態ではありません。

                  蒸し風呂のような湿度の中、掃除と片付けで汗だくドロドロ〜

                  「ったく、なんて日だー!」

                   

                   

                  誰かに言いたかっただけです。こうしてブログに書くと少しスッキリ!

                   

                   

                  軽くグチったところで、テラリウム作りワークショップのご報告。

                  ただ今開催中のワークショップは、一人でも体験できるゆるーいものです。

                   

                  フラスコタイプや、ベルギービールのヒューガルデンとのコラボグラスなど、

                  今年は選べる器が増えました。

                   

                   

                  素材もパワーアップ!

                  めずらしい貝殻もたくさん

                   

                   

                  この日は、よくお店に来て下さってるいつも明るく元気なお客さま。

                  先日のキャンドルの回にも参加してくれました。

                  当店に来るまでは「自分で何かを作るなんて無理!」と思っていたそうです。

                  今ではすっかりハンドメイドにはまっている様子(*^_^*)

                  楽しみが増えて何よりです。

                   

                   

                  ピンセットや割り箸などいろいろ用意してあるのですが、

                  ほとんど指を使っていたところが彼女らしいw

                   

                   

                  そして、

                  存在感抜群の貝殻をメインに、夏らしい作品ができあがりました。

                  ですが、他のお客さまが来て急いで撮影したため写真がボケボケ(;´Д`)

                  Mさん、ごめんなさ〜い。

                   

                  ワークショップでは、いろいろおしゃべりをしながら、私も楽しい時間を過ごしています。

                  これから先季節が変わると、素材も徐々に秋冬バージョンに変わっていきます。

                  新しいサンプル作らなきゃ!

                   

                   

                  さて、今日も朝から大雨で店内はまた水害に見舞われました……

                  台風3つってどうしたらいいのー?

                  天気予報では明後日あたりがそうとう危険です。

                  とにかく水に弱いお店なんですよね〜

                   

                  ベル ジゼル 店長you-coでした。


                  ★Belle Gisèle(ベル ジゼル)

                  Open 11:00-19:00(日曜日-18:00)
                  Closed 火曜日
                  Address 〒300-0066 茨城県土浦市虫掛3719-2
                  NON service
                  Tel/Fax 029-835-6515

                   



                  calendar

                  S M T W T F S
                   123456
                  78910111213
                  14151617181920
                  21222324252627
                  28293031   
                  << October 2018 >>

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  • 9月23日(金曜日)術後9日目
                    もち
                  • テラリウムワークショップ(8月30日AM)
                    maki

                  profile

                  search

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  facebook