9月21日(水曜日)術後7日目 何が起きてるの?

0

    JUGEMテーマ:手術

     

    【9月21日(水) 深夜〜22日にかけて】
    それは突然来た。

     

    夜遅く(TVで「模倣犯」を見ていて終盤にさしかかっていたので、たぶん23:00頃)、腹部に突然の激しい痛み。
    ほんの一瞬、えっ?という疑問符が頭に浮かんだ。
    例えるなら、お腹の内側から内臓をわしづかみにして、中に引きずり込もうとするような感じ、と言えばいいか。

     

    なんの前触れもなく、突然。
    今まで生きてきて記憶している中で、一度も感じたことのない耐えられない激痛。
    前かがみに崩れ、右手でお腹を押さえ、左手でナースコールを押すのがやっと。
    体が固まる。

    動けない。

     

    看護師は来たけれど、先生の声はしない。
    早く来てー!

     

    痛い
    苦しい
    息ができない
    死ぬ……

     

    本当にそう思った。

     

    早くこの痛みを止めてーーー!!!
    いっそ気を失いたい

     

    うううぅぅ…
    ハッ、ハッ、はうぅぅ…
    静かな夜の病棟に、絞り出すように苦しむ声が響く。

     

     

    息は止まらないよ!
    息はできるよ!
    細かくてもいいから、頑張って息して!

     

    バタバタと処置が続く中、 先生の声が聞こえる。
    今夜の当直は2人とも私の副主治医だった。
    少しホッとする。

     

    痛み止めの点滴が通され、苦しい中、問診が続く。
    この時、お腹の痛みとは別に、頭は実に冷静だったのを覚えている。

     

    時間とともに少しずつ話せるように。

     

    急遽、病室でのエコー、レントゲン、血液検査。
    さらに、薬が効いて落ち着いて来た頃に、CTスキャン。
    ストレッチャーに乗せられてシーンとした廊下を進む。

     

    エレベーターホール、目の前の天井に散らばる小さな窪みを見ながら、
    「あぁ、そうだ。天井は星がいっぱいだったな。」
    と、手術前に入ったシャワー室の天井をぼんやり思い出していた。
    ここも同じだったんだ。

     

    防音室によくある、白地に小さな穴がたくさん空いている天井、それに似た感じで小さな窪みが一つ一つ星になっているのだ。

     

     

    画像室は寒い。
    悶え苦しんで汗だくのあと、身体が冷えて手足が冷たい。
    丸いドームに入っている時にまた来たらどうしよう、と一瞬不安になった。

     

    終わって病室に帰る頃には、だいぶ落ち着きを取り戻していた。

     

    全ての管が外れて、退院の話も出ていた矢先。
    原因不明の急変…

     

    手術後ちょうど1週間。
    いったい、私の身体に何が起こっているんだ?

     

     

    そういえば、日中は頭痛がひどく動けない状態が続いた。
    ひどい一日だったな。

     

     

     

    【この日のごはん】

     

     

     

    まだ分菜食だけど、なかなかおいしそう!

     

     

     

    この丸いのはなんとデザート!

    中に入っているのは、ものすごーくあっさりしたカスタードクリームのようなもの。

    黒蜜がかかったふわとろのおまんじゅう?


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    categories

    archives

    recent comment

    • 9月23日(金曜日)術後9日目
      もち
    • テラリウムワークショップ(8月30日AM)
      maki

    profile

    search

    others

    mobile

    qrcode

    facebook